86&PRADO.com
お金

アドブルーはどこで買うのがベスト!?AdBlueの価格調査してみた。

はじめに

今どきのクリーンディーゼルはNOxの処理システムとしてSCRシステムという還元装置が搭載されており、排ガスの浄化にAdBlue(高品位尿素水)という尿素水を補充する必要があります。

ランドクルーザープラドエンジンルームに置いた容器入りのAdBlue

これがなくなるとディーゼル車は走行出来ません。困ったものです。

まぁ地球環境のためですから、仕方ありません。みんなの地球、みんなで守っていきましょう。

とはいえユーザーとしてはクルマの維持費は少しでも安く済ませたいものです。

大体700〜1000kmあたり1Lのアドブルーを消費するようで、プラドの場合はアドブルーのタンク容量は12Lです。従って多くの方が年に一回は補充することになります。

いざ補充するとなったときに、皆さんはどこでアドブルーを購入/補充しますか?

自分でDIYディーラーガソリンスタンドどの方法で補充するのが一番安く済ませられるのかを調べてみました。

なお、安ければ何でも良いというわけでは無いでしょう。

アマゾンで大量購入しても、使わなかった分を保存する環境が悪ければ、劣化を引き起こしかねません。

それらを踏まえた上で、どの方法で購入するのがベストかを考察してみましたので興味のある方は最後まで読んでみてください♪

カー用品店:オートバックス等の価格相場は1Lあたり400円くらい

大分県で近所のオートバックス3店舗ジェームス1店舗に価格調査を行ったところ、

  • オートバックス①:5L/2088円(税込)
  • オートバックス②:5L/2100円(税込)
  • オートバックス③:在庫切れ(普段は取り扱いあり。)
  • ジェームス:5L/2150円(税込)

という結果でした。大分県内の店舗で、2021年10月上旬に店舗への訪問&電話調査にて調べた結果です。

(2022年2月7日追記)

なお、この記事で紹介する店頭でのAdBlue価格は、2021年11月〜12月頃の韓国での供給不足による価格高騰前の調査です。従って、現在の価格とは若干条件が異なる可能性があることを念頭に読んでもらえればと思います。

→最新の価格調査記事はこちら

オートバックスにおけるAdBlueの値札

↑オートバックス①店舗目での価格です。こちらはポリバッグ入りタイプでした。

相場としては、5Lで2100円くらいが相場なのでしょうか。

1L当たりに換算すると、約400円くらいと考えていいでしょう。

ガソリンスタンド:1Lあたり100円〜300円と幅あり

  • ガソリンスタンド(高速道路):10L/1163円(税込)
  • ガソリンスタンド(一般道):10L/1540円(税込)
  • ガソリンスタンド(一般道):1L/300円量り売り(税込)→5L/1500円(税込)

今回のガソリンスタンドの調査では、一番安いのは高速道路サービスエリア内のスタンドでした。

高速道路ですのでトラック等への補充が多いらしく、10Lの容器での販売となっているそうです。価格は10L容器で1163円とのことで、カー用品店(10Lだと約4200円)よりもかなり安かったです。

販売頻度が多いので薄利多売が成り立つエリアなんですかね、、、

また、国道沿いの店舗でも、価格に幅がありました。どこでも統一された値段というわけではないみたいですね、、

この結果がわかっただけでも個人的には調べてよかったと思います(笑)

ディーラー 1Lあたり260円くらい

こちらは結構価格に幅がある気がしますが、後日某トヨタディーラーで伺った場合、5Lで1320円ということでした。

お?意外とカー用品店より安いぞ?(笑)

工賃とかどうなんですか?って聞いてみましたけど、「頂かないことにしています」とのことでした。

ただし、インターネット検索する範囲では、割と高額な作業工賃を要する例もあるみたいです。この点は実際に行くディーラーにお問い合わせするのが良いかと思います。

通販:1Lあたり約150円〜

Amazonで調べてみましたが、安いもので20Lで3000円くらいの価格のものが多かったです。10Lで約2000円というのもありました。

5Lの小さいタイプはもう少し安いのもあったんですが、送料がかかってしまい、かなり割高になってしまいそうなものが多く見受けられました。

したがって10~20Lくらいのを買うのが現実的ではないでしょうか?

保管に当たっての注意

容器内の尿素水は常に30°C以下で保管することが好ましい条件です。40°Cでは製品寿命は4ヶ月となり、温度上昇により大きく製品寿命が低下します。

日本液炭公式HP

保管場所をきちんと用意でき、劣化リスクもほとんど無いという方は一定数購入しておくというのも手でしょう。

自分で補充する方法はこちら→アドブルー補充方法(ランドクルーザープラド編)

リッターあたりの単価としては、カー用品店よりは安くガソリンスタンドよりは高いということは十分理解しておきましょう。

↓↓AdBlue 10Lはこちら↓↓

↓↓Adblue 20Lはこちら↓↓

まとめ スタンドで入れてもらうのが値段・管理面でバランスが良さそう。

アドブルーの最安値を調べてみましたが、今回の調査の中では、高速道路沿いのガソリンスタンドが一番安いという結果になりました。

購入先1Lあたり価格(およそ)
カー用品店400円
ガソリンスタンド100円〜300円
ディーラー260円
通販150円〜

通販が最安では無かったというのが今回一番驚いた点でした。

店舗での購入が一番安いというのは、ユーザーにとっては非常にありがたいことです。

また、店舗で入れてもらうメリットはもう一点、自宅で保管する必要が無いという点でしょう。また、自分で作業した場合のようにこぼしてしまう心配も少ないですし、、

高速道路のスタンドであれば、普段から販売されていますし、長期保管の古い在庫が出てくるという心配も無いのではないかと勝手に想像しています。

一度自分でやってみたくて注入してみましたが、価格面で良い方法は、お住まいの地域の安いスタンドを見つけるのが一番かもしれませんね!

今回10Lでの補充ですが、スタンドであれば、ちょっとくらい余ったとしても、きちんと処理してくれると思います。

また、自分で入れる場合は、余った場合の処理が難しいと思います。(AdBlueは腐食性があります!閉塞性水域では環境汚染の可能性もあります。排水口とかに流さないように!!)

ですので私だったら自分で補充する場合は、早めの補充で5L補充を行うでしょう。

自分で整備することで、クルマへの愛着は増しますし、個人的には費用以外の部分でメリットがあると思っています。

いざというときのために、練習がてら一度自分で補充してみるというのもありだと思います。それができると出来ないとではドライバーとしては違いがありますし、、、

ランドクルーザープラドのAdBlue残量警告

↑こんな警告が出たとき、あなたは慌てずに対応出来ますか?

私自身もそう思って、自分でアドブルー補充をやってみました

→アドブルーのDIY補充方法紹介記事はこちら

また、今回の調査で一番印象的だったのは、ガソリンに比べてアドブルーでは価格のばらつきが非常に大きいということでした。同ジャンル内でも非常に価格差があり、全体で見れば倍以上の価格差があるということに驚きました。

今後も価格の変動があると思っていますので、また期間を空けて再度調査してみても面白いかなと思っています。

この他にも「こんなこと調べてほしい!」「これってどうなの?」など気になる点があれば、お問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

みなさんが少しでも今より豊かで楽しいカーライフを送れるように少しでもお力に慣れれば良いなと思っています。

これからもよろしくお願いします!最後まで読んでいただきありがとうございました!

<2021年11月17日追記>

2021年11月17日現在、韓国ではアドブルーの供給不足が問題となっている様子です。

現時点では日本への影響は少ないようですが、今後日本での価格への影響がないかは注意が必要ですね。

原因としては、オーストラリアー中国間の石炭流通の問題で、コロナウイルスの発生に関する両国の見解不一致から、石炭輸出の制限となり、また中国国内での石炭生産量の低下も見られており、これによるアンモニア精製量が減少していることによる影響を受けてのことだそうです。

前提として、韓国と比べると、日本ではアンモニアの供給の大半を国内生産で賄っており、従って輸入量不足による供給へのダメージは比較的少ないと考えられています。

石油とは根本的に基盤が違うってことでしょうかね。

そうはいっても先のことはわかりませんが、、、

韓国でのアドブルー不足については、下記の記事で詳しく解説をしていますので、ぜひそちらも読んでみてください!

AdBlue(アドブルー)不足/価格高騰に対して思うこと

今後も情勢変化による価格や供給状況に変化があればまた広報して参りたいと思います。

現時点ではみなさんには引き続き冷静で慎重な購買行動を心がけていただくのが大切かと思います。

トイレットペーパー事件のようなことにはならないようにしたいものですね!

〈2022年3月23日追記〉

徐々にアドブルー価格高騰も落ち着いてきている様子で、実店舗でも再度価格調査をしてきました。

最新情報は下記の記事で!

アドブルーは買えるようになった!?店頭価格は??最新価格情報

↓↓AdBlue 10L↓↓

↓↓AdBlue 20L↓↓

POSTED COMMENT

  1. dtw より:

    教えてください!
    BMWやベンツ純正とうたわれているアドブルーと、その他、極端な話 トラックやバス用のアドブルーとは 品質に差異はあるのでしょうか? 今回 アドブルーを補充せよとのbmw523Dの警告がでたので、 初めてということもあり自分で純正のものを購入しましたが 一般のアドブルーより相当割高でした。 ディーラーで以前 補充してもらったときは何リットル入れたかは不明ですが、1万数千円取られたので コスト節約のために自分で入れようかと思って注文しました。しかし、結果的に割高だったかのかと後悔しています。

    • まろ より:

      こんにちは!
      お問い合わせありがとうございます♪

      確かに純正との品質差は気になるところですよね〜

      実際のところは欧州車で試したことがないので推測で申し訳ないのですが、わかる範囲で調べてみました。

      例えばメルセデスベンツの純正アドブルーは主成分である尿素濃度が32.5%と表記されているのに対して、アマゾンなどで主に取り扱われている商品の尿素濃度は31.8〜33.2%と少し幅を持たせた表記になっていました。
      従って、厳密な意味で言えば、少し成分に違いがある可能性はあるかもしれません。

      欧州車に関しては、万が一エラーが出たらすることを考えると、少々割高でも純正品を選びたくなる気持ちはとてもよくわかります笑

      Dラー整備はやはり高いですね、、、

      通販商品に関しては、少なくもAmazonで購入したものをプラドに注入した限りでは、特に警告灯などが点くことはありませんでした(^^)

      もし一般のものを使う機会などありましたら、むしろエラーがなかったかとか教えてください笑

  2. よしの より:

    エコツーライトが気になっています。
    オートバックスで売って、ハイグレードアドブルー は、エコツーライトだそうです。

  3. よしの より:

    エコツーライトが気になっています。
    オートバックスで売って、ハイグレードアドブルー は、エコツーライトだそうです。

    • まろ より:

      パイプ詰まりの軽減が期待できるものがあるんですね!エコツーライト知りませんでした。確かに気になりますね。
      DPF詰まりへの有効な対策は今までなかったと思いますので、期待しちゃいますね!
      是非自分も今度使ってみようと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA