86&PRADO.com
クルマ

2回目のアドブルー補充!今いくら?ガソリンスタンド編 2022年5月15日 12611km

プラド納車後2回目のアドブルー警告灯が表示されました

前回はオートバックスで購入しましたが、せっかくなら今回は違うところで買ってみよう!と思いましたので、今回はガソリンスタンドで購入することとしました。

お値段や如何に!?

はじめに

近年のクリーンディーゼル車の多くは、SCR(Selective Catalytic Reduction:選択的触媒還元)と呼ばれる排気ガス浄化システムを採用しています。

高温になった排気管内の触媒に高純度の尿素水を吹き付けることで、いわゆる窒素酸化物(NOx)を化学反応させ、窒素と水へと変換する装置のことです。

反応式はおそらく大まかにはこんな感じかな?

NOx+NH3→N2+H20

正確にはこんな感じみたいです。

(NH2)2CO+H2O→NH3+CO2(Adblue→アンモニア+CO2)

この過程でアドブルーからアンモニアを生成し、下記の2つの反応でNOxを処理しているそうです。

○4NO+4NH3+O2→4N2+6H2O

○6NO2+8NH3→7N2+12H2O

この記事の作成にあたって調べてみただけなんですが、排ガス技術ってホントすごいですね!

ということでこの反応過程に必須となるのがAdBlue(アドブルー)というわけです。

大体700〜1000km走行で1Lほど消費するらしく、私のプラドでも先日の5L補充から5164kmの走行で警告灯が出現しましたので、やはり1000kmで1Lくらいですね。

(※走行条件で多少差はあるらしいです)

今回はガソリンスタンドでの購入としましたが、ネット等との価格比較も併せて行っていますので、ぜひ参考にしてみてください!

今回はガソリンスタンドで購入(前回はオートバックス)423円/L

前回はオートバックスで購入しましたが、不足騒動の時がそうだったんですが、カー用品店は品切れになりやすいみたいです。

一方で、国道沿いや高速道路沿いのような大型トラックなどを相手にするガソリンスタンドでは、アドブルーを常備していることが多く、こういった店舗では比較的優先的に供給されていることが多い印象で、不足の状況でもある程度の在庫は確保されていました。

物流の維持のため、トラックなどへの供給が優先されているらしいんですが、それでも購入上限を決めた上で、自家用車ようでもちゃんと適正価格で売ってくれますよ♪

今回利用したガソリンスタンド 宇佐美石油さん

大型トラックなどが利用することの多い宇佐美鉱油さんに寄ってみました。

こんな感じのAdBlue注入器を置いてるもんだから、ワクワクしながら入庫したんですが、こちらの機械はトラック用の物らしく、

「乗用車への注入は速度が違いすぎるので、できないんです(汗)」

とのことでした。残念!(笑)

というわけで結局このポリバッグを売ってくれました。

お値段は6Lで2538円(税込)!(3Lバッグ×2)

1Lあたり423円となりますので、かつての1Lあたり100円〜300円という価格帯からすると、やはり高騰しているのは否めませんね、、、

転売ヤーによる釣り上げ効果などではなく、やはり不足の影響を受けていると言わざるを得ない状況です。。

個人的にはガソリンスタンドならスタッフさんが入れてくれると思っていたので、この点がちょっと残念でした。

他のスタンドでもそうなのかはわかりませんが、結局アドブルーはDIYが主なんですかね??

ちなみにオートバックスは480円/L

大方似たような時期にオートバックスでも値段見てきましたが、品薄ながら在庫は置いていました。

スタンドとあまり変わらない値段で、置いていましたので、DIY派はカー用品店に行ったついでに入れてもらうっていうのもアリかもですね。

Amazonでは安くなってきた!!185円〜300円/L程度

アマゾンでは以前かなり高騰の影響を受けていましたが、今回調べた時点では、高騰前の価格水準まで戻ってきている様子でした(2022/6/5時点)

〈↓アドブルー通販サイトへのリンクはこちら↓〉

この価格差は正直次からネットで買うのもありかなと思うレベルですね。。。

まとめ

久々のアドブルー価格調査をしてきましたが、以前と比べて実店舗(ガソリンスタンド・カー用品店)よりもアマゾンなどの通販サイトの優位性が目立つようになってきていましたね。

小売店ではやはりトラックなど運送業への優先供給を行っている影響なんでしょうか。

あとは、もともと個人的には自宅保管をしたくないという理由から、ガソリンスタンド購入&スタッフさんに入れてもらうという方式を採ろうと思っていたんですが、そのアテが外れてしまいました。

店舗によっては入れてくれたりする場合もあるみたいなので、他にも良さそうなお店があればまた聞いて見たいと思います。

今のところ個人的な好みとしては、やはり通販がベストですかね、、、

順序としては、

警告灯が出現→アマゾンで10L購入→いよいよ減ってきて10Lが入りきるくらい減ってきたタイミングで補充

といった具合でしょうか。

ネットでは5Lはやや割高な印象ですので、なんとか10Lを工夫して入れる様にしたいですね。

ただし、アドブルーは金属腐食性のある液体ですので、入れすぎて吹きこぼれるという悲劇だけは避けたいです。

プラドのアドブルータンクは12Lと言われていますので、警告灯が表示された直後ではもしかしたら溢れてしまうのでは?というのが私の懸念です。

この点についてもう少し詳しくなっていきたいと思います。

今回の調査・レビューは以上です!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

〈↓アドブルーの購入はこちらから↓〉

POSTED COMMENT

  1. はぎゅー より:

    こんにちは
    うちの近所の宇佐美だとタンクを自分で持っていけば計量機で入れてくれますよー

    • まろ より:

      コメントありがとうございます。
      普通にノズルからちょいちょいと入れてくれたというネット情報もありますので、おそらく店舗ごとに対応は異なるようですね。
      うちの近所でもそういうお店があると一番いいのですが、、、

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA